何をお探しですか?

検索入力に情報を追加する必要があります。


概要

説明

CRIR E1 商用二酸化炭素(CO2)センサはシングルチャネル非分散型赤外線(NDIR)センサです。CRIR E1内には、一端に赤外線光源を持つセンシングチャンバー、他端に光フィルターを持つ検知器が取り付けられています。光源は、CO2吸収バンドを含む波長の放射線を放射します。フィルターは、CO2の存在を感知しない波長をブロックすることで、選択度と感度を向上させます。光がセンシングチャンバーを通過するとき、CO2が存在すれば一部が吸収されます。光源から放射された光と検知器が受け取った光との差をCO2濃度値に変換できます。

自動ベースライン補正(ABC)機能により、事前設定期間のセンサの最低読み取り値を400 ppm CO2に自動的に校正することです。これにより長期的な安定性が強化され、校正の必要がなくなる可能性があります。

お客様にとっての価値

  • 小型サイズ
  • 通常の屋内アプリケーションでは、メンテナンスフリーです。
  • 長期的安定性の強化
  • 精度の向上:読み取り値の±50 ppm ±5%
  • 一貫性と再現性
  • 統合しやすい

特徴

  • シングルチャネル非分散型赤外線テクノロジー
  • 自動ベースライン補正
  • 温度補正
  • UARTデジタルインターフェース

アプリケーション例

  • HVAC、デマンド制御換気
  • 屋内空気室(IAQ)測定
  • 空気浄化システム
  • スマート/IoT(モノのインターネット)システム
二酸化炭素センサ - ハネウェル


文書

タイトル 文書タイプ 言語 サイズ
CRIR E1商用二酸化炭素センサデータシート データシート 英語 197KB
CRIR E1商用二酸化炭素センサユーザーガイド 取付説明書 英語 368KB
CRIR E1高解像度写真 写真 -- 1MB
CRIR E1低解像度写真 写真 -- 109KB

言語

ソーシャルメディア

サイト情報

サイトマップ

ご利用規約

グローバル購読解除

Copyright © 2020 Honeywell International Inc.

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink