何をお探しですか?

検索入力に情報を追加する必要があります。


概要

睡眠時無呼吸は、睡眠中の反復的な呼吸の停止で、時には一晩に数百回発生し、1分間以上続くこともあります。治療しないでいた場合、睡眠時無呼吸は、高血圧、心血管疾患、記憶、体重の問題を引き起こすことがあります。結果的な安眠の欠如は、就業障害や自動車事故の原因となることもあります。

主な治療オプションは、陽圧呼吸補助(PAP)機の使用です。患者は、潰れて呼吸停止を引き起こさないように、圧力を利用して空気を鼻腔を通して流すためにマスクを着用します。PAPには3つの主なカテゴリがあります(複雑さ/コストの順):

  • CPAP(持続陽圧呼吸補助)は、一定の圧力を患者に与えます。この陽圧は、睡眠中に喉が虚脱しないようにし、患者が無呼吸の発症を心配することなく自由に呼吸できるようにします。
  • 自動PAP(自動陽圧呼吸補助)は、患者の呼吸における抵抗を測定します。よって、患者に送達される連続的圧力の量は、自動的に必要最小限に調整がなされ、呼吸毎に気道が塞がれないようにします。
  • バイレベルPAP(バイレベル陽圧呼吸補助)には、2つのレベルの圧力: IPAP(吸気陽圧呼吸補助)と、それより低いEPAP(呼気陽圧呼吸補助)があります。
睡眠時無呼吸装置 - ハネウェル


文書

タイトル 文書タイプ 言語 サイズ
低コスト、大容量の医療アプリケーションにおける高精度の経済 ホワイトペーパー 英語 2272KB
睡眠時無呼吸用治療器用センサ アプリケーションノート 英語 1899KB


関連製品

言語

ソーシャルメディア

サイト情報

サイトマップ

ご利用規約

グローバル購読解除

Copyright © 2019 Honeywell International Inc.

Powered By OneLink