何をお探しですか?

検索入力に情報を追加する必要があります。


空気中の小さな粒子は大きな健康問題を引き起こしかねません。

ハネウェル | 2019年8月9日

私たちは屋内で過ごす時間が多いので、屋内空気ができるだけきれいであることが望まれます。しかしながら、多くの場合、空気は人毛の直径のほんの数分の一の小さな粒子で満たされています。非常に小さいため、肺に奥深く侵入して、長期的疾病を引き起こす可能性があります。

ホットホイール用TruStability

つまり、粒子は大きくなくても重大な健康上の問題を引き起こすということです。これらの粒子はPM10 (粒径10 ミクロメートル以下)およびPM2.5 (粒径2.5 ミクロメートル以下)として分類されます。

屋内に浮遊する粒子の発生源の幾つかを以下に挙げます。

  • 喫煙
  • 料理
  • 料理器具、ロウソク、その他の火元からの裸火、
  • 花粉やカビ
  • 灯油ヒーターの使用
  • エッセンシャルオイルの拡散
  • 一般的な化学物質を使った清掃
  • ドアや窓を開けて屋外の汚染した空気を入れる
  • ヘアスプレー、エアゾール式室内空気フレッシュナーまたはデオドランド

粒子数の多い空気は喘息の発作、目・鼻・喉の炎症、息切れ、咳、心臓病、その他の健康問題を引き起こします。長期に渡る暴露は、特に小児、高齢者、および免疫不全あるいは呼吸器疾患のある人にとって特に危険です。

粒子が引き起こし得る健康問題のため、多くの国の政府は空中に発散できるものを規制しています。問題は、これらの粒子は以前は電子顕微鏡でしか検出できなかったことです。ほとんどの家庭や会社では電子顕微鏡が利用できないため、新しい粒子センサの重要性が増しています。

レーザーベースのセンサは光散乱によって粒子を検出しカウントします。検出チャンバを通過した粒子をレーザー光源で照射します。粒子がレーザー光を通過すると、光が粒子を反映して、光検知器(フォトディテクタ)に記録されます。その後、光は分析され、他のシステムで使用するために電気信号に変換されます。

粒子状物質のセンシング

電気信号は建物、家庭、または他の空気モニタリングデバイスのヒーティング、換気、空調(HVAC)制御システムに供給され、自動的に空気を浄化します。あるいは、信号は家族または建物のオペレーターに空気浄化システムをアクティベートする必要があること、屋外空気を取り込んで屋内空気の品質を高めることができること、空気フィルタを交換する必要があること、または屋内空気供給システムの早期メンテナンスが必要であることを知らせることができます。

センサは手のひらに収まるほど小型であるため、多くの家電や大型空気浄化システムに統合できます。

HPMシリーズ携帯空気浄化装置

空中にあるもののなすがままになる必要はもうありません。今では、空気が問題を引き起こす前に、プロアクティブに検知して、最小限の電力とスペースで空気を浄化することができます。

言語

ソーシャルメディア

サイト情報

サイトマップ

ご利用規約

グローバル購読解除

Copyright © 2020 Honeywell International Inc.

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink